マイナンバー個人番号カードのメリット・デメリット・通知カードとの違いは?

公開日: 

074-01
マイナンバーの通知カードが届いて、封筒に個人番号カードの申請書も入っていた。

通知カードで番号がわかればいいんじゃないの?個人番号カードの申請って必要なの?

そんな疑問を持ったあなたに、個人カードのメリット・デメリット、そして通知カードとの違いについてお話します。

スポンサーリンク

マイナンバー個人番号カードのメリットは?

はじめに言っておきますが、この記事ではマイナンバー制度が良いとか悪いとか、そういう話はしません。

通知カードは日本に住民票を持つ人全員に郵送されますが、個人番号カードは申請して取得しても、取得しなくてもどちらでもかまいません。そこで、「自分は個人番号カードを申請して取得するべきか?」を判断するための材料になればというのがこの記事の趣旨です。

さて、そもそも個人番号カードとは?
  ↓

簡単に言うと、表は顔写真付きの身分証明書裏は通知カード+ICチップです。個人番号カードが必要な場合は、申請した後、市区町村の窓口で受け取ります。

個人番号カードのメリットは、

  • 本人確認用の身分証明書として使用できる。
    通知カードを使用する場合は、他に本人確認用の身分証明書が必要になる場合がありますが、個人番号カードなら、身分証明書としても使えるため、一つのカードで済ませることができます。また、運転免許証など本人を確認できる身分証明書を持たない人は、個人カードを本人確認用の身分証明書として使うことができます。
  • 国や市区町村が提供する様々なサービスを一つのカードで利用できるようになる。
    今後さまざまなサービスを個人番号カード一枚で利用できるようになる予定です。例えば、健康保険証や図書館カードなど、今まではそれぞれ別カードが必要でしたが、徐々に個人番号カード一枚に統一される予定です。
  • 各種行政手続のオンライン申請に利用できる。
    パソコンからオンラインで各種行政手続が利用できるようになる予定です。現在住民基本台帳カードで利用できる一部のサービス(例えば、オンラインで確定申告ができるe-Taxなど)も個人番号カードに引き継がれます。
  • 各種民間のオンライン取引に利用できるようになる予定。
    将来、オンラインバンキングなどのサービスを利用できるようになるようです。
  • コンビニ等での各種証明書を取得できるようになる。
    コンビニで住民票の写しや、印鑑証明などを取得できるようになる予定です。

これらのサービスを利用する機会がある人なら、個人番号カードを取得することにより便利になるはずです。

スポンサーリンク

マイナンバー個人番号カードのデメリットは?

通知カードではなく個人番号カードを利用することのデメリットは、以下のようなものでしょう。

盗難・紛失

通知カードでも、個人番号カードでも、盗難や紛失の際には、個人情報が漏れる可能性があります。ただし、個人番号カードの場合には、暗証番号さえわかればいろいろなサービスを利用できてしまうという恐れがあります。

人が確認する場合には、顔写真で本人確認ができますが、カードリーダーで読み取る場合には、個人カードと暗証番号さえあればそのサービスを利用できてしまいます。

詐欺

オレオレ詐欺などでも、通帳を利用して窓口でお金を下ろす場合には、窓口の職員が未然に防ぎやすいですが、キャッシュカードを利用してATMでお金を下ろす場合には、詐欺被害を防ぎにくくなっています。個人カード(+暗証番号)と機械だけで操作できるサービスの場合、詐欺被害に遭いやすくなると言えます。

マイナンバー個人番号カードと通知カードの違いは?

ここまでの説明で、個人番号カードと通知カードの違いもわかっていただけたのではないかと思うのですが。。。一応、まとまった動画がコチラ。
  ↓

この動画は、マイナンバーを集める必要がある経営サイド向けの講座の様子です。会社での年末調整には社員のマイナンバーが必要になるため、会社側でも社員からマイナンバーを集める必要があるのです。年末調整が必要な人は、会社の要請に従ってマイナンバーを提示しましょう。

個人番号カードを申請して取得するべきか?

さて、個人番号カードを申請して取得するべきか?についてですが、個人番号カードを利用した方が便利になるはずです。

デメリットである盗難・紛失・詐欺の被害については、今までもキャッシュカードやクレジットカードを敬遠してきた人は、同様のものと考えて敬遠しても良いでしょう。個人番号カードを取得しても特に利用しないようなら、個人番号カードは申請せずに、通知カードを大事にしまっておく方が安全です。特にお年寄りや子供など、詐欺被害も含めて考えると、個人番号カードを取得せず、通知カードを家の引き出しの奥に大事にしまっておく方が良いかもしれません。

ただし、キャッシュカードやクレジットカードをバンバン使っていながら、「個人情報が漏れる」という懸念のために個人番号カードを避けるというのは、個人的には妙な気がします。個人番号カードが危ないなら、キャッシュカードやクレジットカードも危ないのではないでしょうか?

まとめ

個人番号カードを申請するか、申請しないかは、個人の自由です。個人番号を取得した場合、便利になるというメリットがある反面、危険が伴うというデメリットもあります。これは、これまでの各種カードと同じです。便利さを取るか、安全を取るか。いずれにしても(通知カードにしても、個人番号カードにしても)カードをしっかり管理する必要があることは言うまでもありません。

個人番号カードや通知カードの紛失・盗難、問い合わせについては、こちらの記事も参考にしてください。
  ↓
マイナンバーフリーダイヤル。コールセンター時間。通知カード。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑