クリスマス窓飾りスプレーの型紙を無料で!シールも!作り方はコレ!

公開日: 

n007
クリスマスのショーウィンドウ。
いろいろなデコレーションが施され、「素敵だなあ」とため息をついてしまいます。

「私の家でも、やってみたいなぁ。。。」

そこで窓にスノースプレーで絵を描いて・・・。
やはり綺麗に仕上げるには、型紙が必要ですね。

型紙はいろいろなものが市販されていますが、わざわざ買う気になれない。
そんなあなたは、図案をダウンロードして、型紙を作ってみてはいかがでしょう。

スノースプレーだけでなく、シールも自分でつくれますよ。

また、自分なりの図案を型紙にして、オリジナルの飾りを描くこともできます。

スポンサーリンク

クリスマスの窓飾り用スプレーの型紙を無料でゲットしたい!

スノースプレー用の型紙は、ネット上でいろいろと見ることができます。
たとえば、以下のような画像検索で検索できます。
「クリスマス 窓 スプレー 型紙」で画像検索

好みの画像をダウンロードして拡大印刷すれば、型紙の図案を無料で入手できます。
(ただし、個人的な利用にとどめておいてくださいね。)

もちろん、印刷代や用紙代などはかかってしまうので、すべて無料とはいきません。
また、大きさを調節したり、印刷したり、用紙を切って型紙にしたりと、手間はかかります。
てっとり早く型紙を入手したい場合には、やはり購入するのが一番でしょう。

逆に、「クラフト感覚で楽しい」という人は、自分で型紙を作ってみるのが良いと思いますよ。

さて、印刷するときの用紙ですが、以下のようなラベルシールがおすすめです。
シールになっているので、使い終わったらすぐにはがすことができます。

クリスマスの窓飾り用シールも作れる!

窓飾りには、スノースプレーのほかにも、シール(またはステッカー)を貼ることもできます。

シールは市販のものを買うという考えを持つ方が多いかもしれませんが、シールも図案を印刷して作ることができます。

そのようなサイトを見つけたのでご紹介します。
ウインドウシール(クリスマス)

こちらのサイトの「おすすめの用紙」にあるように、透明のフィルムタイプのシール紙ならば、絵の部分以外は透明になります。

もちろん、ネット上でいろいろな図案を画像検索して、好みの図案をダウンロードして印刷すれば、好みのシールを作ることができます。


スポンサーリンク

スプレーの型紙の作り方 ― オリジナルの型紙を作ろう!

図案を選ぶ場合、シールの場合は、どんな図柄や絵でも構いません。
また、オリジナルのシールを作る場合も、例えば、子供の描いた絵をそのまま印刷してシールにすることもできます。
(この場合は、描いた絵をスキャナで取り込んだり、携帯で写真データにしてから印刷します。)

スプレーの場合には、型紙の空いた部分がスプレーの文字や絵になるので、選べる図案が限られてきます。
また、オリジナルのものを作ろうとするときには、型紙として図案を考える必要が出てきます。

スプレーの型紙のバリエーションを広げる方法はないか?と考えていたところ、面白いサイトを見つけました。
切り絵オンデマンド

自分のパソコンの中にある画像ファイルをこのサイトにアップロードすれば、なんと!それを切り絵(の図案)にしてくれるのです!

ご存じのように、切り絵は紙が残っている部分と空白の部分でできているので、そこにスプレーを吹き付ければ、空白部分のみスプレーされて描かれます。

実際にやってみた動画がアップされていましたので、ぜひご覧ください。

まとめ

クリスマスの窓飾り。スプレーの型紙にしても、シールにしても、市販のものを買うと考える人が多いように思います。
でも、自分で図案を選んで作ってみると、きっと既製品にはない味わいが出ると思いますよ。
簡単なものから超複雑なものまで(?)、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

関連記事で取り上げた、こんな飾り付けも参考にされてはいかがでしょうか?
クリスマスはベランダにイルミネーション!電源は?飾り方は?

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑