母の日父の日はペアギフトを!いつ贈る?両親が喜ぶプレゼントは?

公開日: 

139-1
母の日は5月、父の日は6月。。。なんでこんなに近いの?

お母さんへのプレゼントをやっと選び終えたと思ったら、今度はお父さんへのプレゼント選び。。。

どうせなら一緒にしてくれればいいのに!と、思ったことはありませんか?

そんなあなたは、ご両親にペアギフトを贈ってみてはいかがでしょう。

ペアギフトはいつ贈るか?両親が喜ぶギフトは?などについてお話していきます。

スポンサーリンク

母の日父の日はペアギフトを贈ろう!

●ペアギフトならプレゼント選びが楽

単純に、一回選べばいいので、何回も選ぶ手間が省けます。

また、プレゼントによっては、前もって取りに行ったり、渡すのにも手間がかかることがあるので、一回ですめば楽ですね。

ペアギフト商品については、楽天などで検索して探してください。

楽天「母の日 父の日 ペアギフト」

ただ、毎年モノを贈っていると、そのうち贈るものがなくなってきます。

旅行や食事など、モノ以外のプレゼントも選択肢に入れた方が良いでしょう。

体験ギフトを贈るという手もあります。以下は「夫から妻に体験ギフトを贈ろう」という趣旨の記事ですが、子供さんからご両親に贈ってもいいですね。

ホワイトデーは体験ギフトを妻に贈ろう!2人で楽しもう!

●これは省略してはいけない!

ペアギフトにすることで、プレゼントを選んだり贈ったりするのを一回にして、一回分省略できることになります。

ただ、これまで母の日や父の日に、お母さんやお父さんと直接会ってプレゼントを手渡していた人は、是非これからも、母の日や父の日には、お母さんやお父さんに顔を見せてあげてください。

つまり、お母さんやお父さんと会う機会まで省略してはいけない!というのが私の考えです。

また、今まで、両親が遠方に住んでいるなどの理由から、母の日や父の日のプレゼントは郵送して贈っていたという人は、プレゼントを郵送するのを一回にまとめても、ご両親への連絡は省略しないでくださいね。

母の日父の日いつ贈る?

●母の日父の日は2016年はいつ?

母の日と父の日は以下の日曜日です。

・母の日 → 5月第2日曜日
・父の日 → 6月第3日曜日

2016年はそれぞれ以下の日曜日になります。

・母の日 → 5月8日
・父の日 → 6月19日

●ペアギフトはいつ贈る?

ペアギフトなので、一度に贈ります。基本は、母の日か父の日のどちらかに贈ることです。

① 母の日にペアギフトを贈る

一番のおすすめは、母の日にペアギフトを贈ることです。

母の日の方が先に来るので、そのタイミングでペアギフトを贈ります。

その時に、ペアギフトを贈るので、母の日のプレゼント・父の日のプレゼントと分けてプレゼントはしない旨を両親に説明しておきましょう。

父の日には、すでにペアギフトを贈っているので、プレゼントは必要ないのですが、「ちょっとケーキ買ってきたよ」とか「クッキー焼いてみたんだけど」のように、ちょっとしたモノを両親のもとに持ち寄ると、スルーされた感がなくて良いかもしれません。

② 父の日にペアギフトを贈る

父の日にペアギフトを贈る場合は、母の日になる前に、今年はペアギフトとして贈るので、父の日に一度に贈る旨を伝えておく必要があります。

ただ、「一度に贈るなら、母の日に先に贈ってよ。なんで父の日まで延ばすの?」という疑問が両親に生じるかもしれません。

「今年の母の日はちょっと用事ができて行けないから、父の日に届けに行くよ」など、なぜ父の日に贈るのか、明確な理由を示した方が、両親も納得するでしょう。

特にプレゼントを先延ばしにする理由がなければ、母の日にペアギフトを贈った方が良いでしょう。

③ 上記以外の日にペアギフトを贈る

これは、特に「この日じゃないと都合がつかない」とか、その日が両親の結婚記念日または誕生日など、特別な日である場合です。

この場合も、もちろん、今年は母の日や父の日には特別にプレゼントを贈らないで、この日のプレゼントで済ませる旨を伝える必要があります。

また、この日が母の日より後の場合には、なぜその日にプレゼントを贈るのか両親が納得できるような説明が必要なのは②の場合と同様です。


スポンサーリンク

両親が喜ぶプレゼントは?

●子供であるあなた

母の日や父の日のプレゼントで両親が喜ぶプレゼントは。。。

それは、そこにあなたが居ることです。

子供が小さい時にお母さんやお父さんの絵を描いてプレゼントしてくれる。。。親としてはとても嬉しいものです。

高価なプレゼントではありませんが、もらって嬉しい。それは、その絵の中に子供であるあなたを見ているからです。

大人になったあなたが贈るプレゼント。その中に、ご両親があなたを感じ取れるならば、それは素晴らしいプレゼントであるはずです。

●両親と時を共に過ごそう

モノに自分を込めて贈るというのは、ちょっと難しいかもしれません。

そこで提案するのが、ご両親と一緒に時間を過ごすというプレゼントです。

分かりやすいところでは、旅行です。ご両親と一緒に旅行に行くのはとても良いプレゼントになると思いますよ。

まとめ

母の日と父の日のプレゼントは、形式的にモノを贈るよりも、夫婦の絆を深められるようなペアギフト、さらには、両親と自分の絆を深められるようなプレゼントを贈ることで、お互いの関係をより良いものにしていくことができます。

母の日や父の日を単なるイベントとしてとらえるのではなく、一つのコミュニケーションの機会としてとらえていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑