目黒川のお花見ルート・スポット・公園は?

公開日: 

101-01
春のデートに桜はいかが?

でも、昼間から酔っぱらいが宴会しているような場所はイヤですよね。

かと言って、花しかない公園というのもちょっと。。。

そんなあなたにおすすめなのが目黒川です。

目黒川のお花見ルート、お花見スポット、最寄りの公園などについてお話します。

スポンサーリンク

目黒川のお花見ルートは?

池尻大橋(東急田園都市線)から目黒(JR山手線)あたりまでの約3.8kmの目黒川沿いに、約830本のソメイヨシノが植えられています。

●アクセス

  • お花見ルートの上流部へ行くには
  • 池尻大橋駅(東急田園都市線)から徒歩3分

  • お花見ルートの中流部へ行くには
  • 中目黒駅(東急東横線、東京メトロ日比谷線)から徒歩1分

  • お花見ルートの下流部へ行くには
  • 目黒駅(JR山手線、東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線)から徒歩5分

●花見ルート

目黒川沿いの桜マップはネット上にいろいろ転がっていますが、主なルートの全体像が載っているこちらのWebページをご覧ください。
  ↓
目黒川沿い桜並木

(東京都医師会のホームページです。「元気散歩マップ」として、都内のいくつかの散歩スポットのマップを載せてあります。)

桜自体は目黒駅からもう少し下流側まで咲いていますが、駅間を歩くというルートをとると、このように池尻大橋駅から目黒駅までのルートになります。

片道約3.8kmを歩くコースです。普通の速度で歩くと1時間ちょっとの道のりです。桜の時期だと、人が大勢いますので、かなり時間がかかるでしょうね。

お花見の時期には、ゆっくり桜の花を見ながら、あるいは出店などを楽しみながら歩くことになると思うので、この3.8kmを歩くルートを採る人はあまりいないでしょう。

中目黒駅付近を境に、上流側は川幅が狭く、下流側は川幅が広くなるため、桜並木の景色も変わってきます。

中目黒駅を利用
すれば、少し上流側と下流側に歩くことで、違った風景を楽しめるので、ガッツリ歩きたくない人にはおすすめかもしれません。

ただし、見頃の時期には中目黒駅や周辺は混雑することが予想されますので、ご注意ください。

●見頃

桜の見頃は3月下旬~4月上旬くらいです。

中目黒にある定点カメラでチェックしてからお出かけください。
  ↓

目黒川のお花見スポットは?

中目黒を中心として、景色が異なる3つのスポットを選びました。

●中目黒より上流

中目黒付近から上流は川幅が狭くなっているため、両岸の桜がかぶさり合って「桜のトンネル」を作り出します。

●目黒川船入場・親水広場

「目黒川船入場・親水広場」は、こちらの「目黒川船入場管理詰所」の所にあります。
  ↓

中目黒駅から少し下流に行った所です。このあたりから川幅が広がるため、上流の桜のトンネルとはまた違った景色を楽しむことができます。

●目黒川ふれあい橋

「目黒川船入場・親水広場」からさらに下流に行くと、対岸に「田道広場公園」があります。

「田道広場公園」のところにある2つの橋のうち、下流側にあるのが「ふれあい橋」です。

この「ふれあい橋」は少し高くなっているので、この橋の上から桜を良く見渡すことができます。撮影スポットとしても最高です。


スポンサーリンク

目黒川の花見で最寄りの公園は?

目黒川沿いの桜を見ていると、人に酔ったり、桜に酔ったりしてしまうかもしれません。

そこで、最寄りの公園でクールダウンするのも良いと思いますよ。

また、トイレに行きたくなった時には、近場のお店に入るか、駅や公園のトイレを利用するしかありません。

いくつか公園をチェックしておいた方が良いでしょう。

●西郷山公園

お花見ルートの上流側を歩くならば、西郷山公園をチェックしておきましょう。

Googleマップで中目黒と池尻大橋の間を探せば、川の右手に緑色の土地が見つかります。

西郷山公園はトレンディードラマなどにも良く登場し、ベンチにはカップルの姿が見られます。

見晴らしが良く、冬の晴れた日には富士山が見えることもあります。

西郷山公園のすぐ西側にも、菅刈公園という公園があります。

●中目黒公園

中目黒公園は、中目黒駅の下流、「目黒川船入場・親水広場」よりも少し下流の対岸にあります。

Googleマップでは拡大しないと出てきませんが、「目黒川の桜並木」と書いてあるあたりにあります。

中目黒公園には、芝生の広場のほか、子供が遊べる広場やスポーツ広場など、広い土地にいくつもの広場があります。子供連れでも楽しめる広場です。

また、「桜のテラス」と呼ばれる、目黒川沿いの桜並木を見渡すことができるテラスもあります。

●その他の公園

さらに目黒駅の方に向かって下流に行くと、先ほども挙げた「田道広場公園」や、その対岸の「目黒区民センター公園」があります。

「田道広場公園」は、毎年9月になると「目黒のSUNまつり」(焼いた「さんま」が無料配布されるんですよ)が開かれる会場の一つです。ふだんは少年野球の練習などができる広場になっています。

「目黒区民センター公園」は、図書館や美術館などのいろいろな施設が入った「目黒区民センター」の庭にあたる部分が公園になっています。美術館を訪れてみるのもいいかもしれません。

※こちらの動画は、桜が咲いていない時期のものですが、中目黒駅を出てから下流に向かい、目黒線の架橋のところまで来て、また上流へと折り返して歩いています。ご参考までに。
  ↓

まとめ

目黒川のお花見の魅力は、まだまだ語り尽くせませんが、最低限のポイントはお伝えできたのではないかと思います。また、動画を見ていただくと、その場の楽しい雰囲気を感じていただけると思います。お花見人気ランキングで全国No.1に輝いた目黒川の桜を、どうぞ満喫してきてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑