インフルエンザで風呂に入る?いつから?感染の可能性は?

公開日:  最終更新日:2015/10/16

272447
冬の時期になると、
いつもインフルエンザが猛威をふるいますよね。
あなたは大丈夫ですか?

インフルエンザの疑いがある場合、
必ず医師の診察を受けましょう。
インフルエンザは
風邪とは違いますので、
きちんと医師の指示に従って治しましょう。

さて、
インフルエンザにかかったとき、
お風呂はどうしていますか?

スポンサーリンク

インフルエンザで風呂に入る?

インフルエンザで高熱がある場合、
お風呂に入ってはいけません

というより、高熱があるときには、
お風呂に入りたくても入れませんよね。

ただでさえ、
熱で頭がクラクラするのに、
温かいお風呂に浸かったりしたら、
すぐにのぼせてしまいます。

たとえシャワーであっても、
お風呂に入ることでかなりの体力を消耗します。

体がウィルスと戦っているのに、
自分から体力を消耗しては、
元も子もありませんよね。

インフルエンザでは、
まずは熱を下げることを考えましょう。
お風呂はしばらく、ガマン。

インフルエンザで風呂はいつから?

「解熱剤を飲んで熱は下がった。
 じゃぁ、お風呂に入ろうか」

ちょっと待ったっ!

体温計の目盛りだけで決めないでくださいね。
本当に体調は戻ってきていますか?

「お風呂に入って
 サッパリはしたいけど、
 たしかに、まだ体はつらいな」

スポンサーリンク

そんな感じだったら、
もう少しお風呂を控えて、
様子を見てみたほうが良いかもしれません。

実はお風呂に入るメリットもあります。

  • ウィルスは熱に弱い。
  • 体を温めることで免疫力を上げられる。

ただし、デメリットもあります。

  • 一度上がった免疫力が風呂上がりにガクンと落ちる。
  • 体力を消耗する。

ですので、
お風呂に入ろうと決めたときは、
以下に注意して入りましょう。

  • 湯冷めしないように気をつける。
  • 体力を消耗しないよう、短めに入る。

インフルエンザは風呂で感染する?

さて、インフルエンザにかかっている人の家族。
同じお風呂に入っても大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、
あまり気にしなくても大丈夫です。

高温多湿の浴室内は、
インフルエンザウィルスが苦手とする環境です。

ただ、タオルなど、直接体に触れるものについては、
同じものを使わないよう、気をつけた方が良いでしょう。

気分的なことから言うと、
インフルエンザにかかっている人は
最後にお風呂に入るように、
順番を考えると良いかも知れません。

まとめ

インフルエンザによる高熱は、
体に大きな負担を与えますし、
体に障害を及ぼす恐れもあります。

まずはしっかりと熱を下げて、
体が楽になってきてから、
無理のない範囲でお風呂に入りましょう。

回復後に入るお風呂は、
あなたの回復をさらに促進してくれるでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑