アイシングクッキーは初心者でもできる?キット?賞味期限は?

公開日:  最終更新日:2015/10/17

009-1
クリスマスにはケーキが定番だと思っていましたが、最近はアイシングクッキーを作って楽しむ方も増えてきたようですね。クッキーの表面に糖衣を塗って、いろいろな色・形・文字でクッキーを飾る。見て楽しい、食べて美味しいお菓子作りも、クリスマスというイベントを盛り上げるのにピッタリですね。

私も作ってみたいけど、できるかな?そんなあなたに、お伝えしたい情報があります。

スポンサーリンク

アイシングクッキーは初心者でもできる?

アイシングクッキーは初心者でもできます

まずは、クッキー。クッキーを焼いたことのあるあなたなら、この部分はOK。焼いたことのないあなたなら、選択肢は2つ。

  • この際、クッキーを焼いてみる。
  • クッキーは市販のもので済ませる

あなたの時間とやる気に応じて決めてください。クッキーを焼かなくても、アイシングをする(糖衣を塗る)作業を楽しめます。アイシングによって、ただのクッキーをすごく楽しいクッキーに変身させることができますよ。

クッキーは、柔らかめのクッキーよりも、水分の少ない硬めのクッキーの方が良いでしょう。アイシングで甘みが増すので、味のさっぱりしたものが良いです。市販のものでは、昔ながらのビスケットなどがおすすめです。

アイシングクッキーのキットを使おう!

さて、アイシングの部分ですが、アイシングの主な材料は、粉砂糖・卵白・水・食用色素です。

粉砂糖は、グラニュー糖などの砂糖を細かくパウダー状にしたもので、これがアイシングの本体となります。これに、卵白(風味を出す)・レモン汁(甘みをおさえ、固まりを早くする)などを適宜加えて溶かしますが、何を入れるかは人によりまちまちです。また、混ぜ方も「泡立てずによく練る」あるいは「泡立てる」と、人それぞれです。

スポンサーリンク

色付けに使う食用色素も、食紅を使ったり、抹茶やチョコレートなどの食材を色付けに使ったり、アイシングカラーというアイシング用の食用色素を使ったりと、いろいろな選択肢があります。

ですので、初心者には、アイシングクッキー用のキットをおすすめします。「アイシングクッキー キット」などで検索すると、探すことができるでしょう。たとえば、アイシングカラーが何色か入ったキットや、アイシング用の材料のキットが販売されています。また、アイシングに使う道具まで入ったスターターキットのようなものも販売されています。必要な材料を探す手間を省けば、すぐにアイシングに取り掛かることができます。

アイシングクッキーの賞味期限は?

アイシングクッキーを作ったら、よく乾燥させてくださいね。よく乾かさないと、クッキーがすぐに湿気ってしまいます。また、乾燥させたら、乾燥剤を入れた容器または袋に密封して保存します。

砂糖自体には物を腐りにくくする保存性があるので、クッキー部分の保存状態が賞味期限を決めると、一般に考えられているようです。プロが作った手作りクッキーでも、乾燥剤を入れて密封した状態で数週間からせいぜい1ヶ月が期限です。素人の作品なら、1週間ほどと考えるのが妥当でしょう。

ただ、材料に生の卵白を使用した場合は、いくら乾燥させたとは言っても、火は通していないわけですから、2、3日のうちに食べるつもりで作ったほうが良いでしょう。

まとめ

「クッキーを焼かずキットを使用する」という方法をおすすめしましたが、もちろんもっと頑張って作ってもらっても、一向にかまいません。ご自分のペースでアイシングクッキー作りを楽しんでください。詳しい作り方などは、「クックパッド アイシングクッキー」などと検索すれば、いろいろな例が出てきますので、手始めに簡単なやり方から始めて、徐々にいろいろなやり方を試してみるのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑