寄せ書きに無料webサービス・マインドマップ・アルバムを!

公開日: 

086-01
友人の結婚や海外赴任などに際し、寄せ書きを贈りたい。

でも、結婚式や送別会に出られなかったり、なかなかみんなで集まれなかったり。。。

そんな時には、ネットを使って寄せ書きを書いて贈るのはいかが?

寄せ書きの無料webサービス、マインドマップで寄せ書き、寄せ書きアルバムの作成など、web上で寄せ書きをする方法についてお話します。

スポンサーリンク

寄せ書きは無料のwebサービスで!

寄せ書きに参加する仲間がネットさえ使えるなら、一番簡単な方法は寄せ書きの無料webサービスを使うことです。

yosetti(ヨセッティ)

一番の有名どころですね。手順は以下のとおりです。

1. 幹事さん(寄せ書きの取りまとめをする人)が、yosettiアカウントを作成するか自分のFacebookアカウントで参加して、新規寄せ書きを作成する。
2. 幹事さんは、作った寄せ書きページのURLを参加者に送る。
3. URLを受け取った参加者は、URLのページにログインする。(yosettiアカウントを作成するか自分のFacebookアカウントで参加)
4. 参加者はメッセージを書き込む。
5. 幹事さんはメッセージが集まったら、寄せ書きを締め切り、お届け設定をする。

寄せ書きの贈り方は3通りあります。

1. 色紙にプリントして指定の住所に届ける。→ 2,680円(税抜き・送料込み)
2. PDFデータをダウンロードして、そのデータを送る。→ 500円(税抜き・送料込み)
3. 贈る相手に寄せ書きページのURLだけ知らせる。→ 無料

寄せ書きのデザインは、結婚祝いの他にも、誕生日祝いや送別など、50種類以上のデザインの中から選べます。

集まった寄せ書きは、オンラインのメッセージとして贈る場合には無料です。例えば、海外に短期で赴任する場合などは、わざわざ海外まで色紙を送るよりも、オンラインメッセージとして贈る方が便利かもしれませんね。また、無料ならば、ちょっとしたイベントでも気軽に寄せ書きを贈れます。

Caqico(Web寄せ書き かきこ)

こちらは、Web会議/テレビ会議などのサービスを提供している会社が提供するサービスです。

スマホからでも100人が同時に書き込みできるWeb寄せ書きサービスです。「HTML5Webボード技術を駆使した、新しいタイプの寄せ書きボード」ということで、要するに、テキスト(文字)、画像、動画、音声などをHTMLデータとしてWeb上に自由に配置できる寄せ書きボードを提供しています。

手軽さではyosettiの方が断然上ですが、自由度ではCaqicoの方が断然上です。

参加者は、ワードなどのアプリように、ツールボックスからツールを選んで構成要素を入力していく必要があります。また、全体的なデザインセンスが問われるかもしれませんね。自分たちなりに工夫した寄せ書きにしたい、そして、それをしっかり取りまとめる人がいる場合には、とても良いサービスだと思います。

スポンサーリンク

Caqicoの料金は1ヶ月980円です。幹事さんがこの料金を支払って寄せ書きを新規作成すれば、あとは99人までの参加者をメールで招待して、指定のページでメッセージを書いてもらうことができます。

寄せ書きしたデータは、PDFHTMLでダウンロードでき、それを各自印刷できます。希望すれば、サービス期間終了後も、書いた寄せ書きを閲覧できます。

webでマインドマップを共有する??

昔ながらの色紙での寄せ書き。真ん中に贈る相手の名前や「祝結婚」などのタイトルを入れたら、放射状にメッセージを書き込んでいく。。。

ね?マインドマップそっくりでしょ?

そこで、マインドマップをweb上で共有しながら、寄せ書きにしてみてはいかがでしょうか?

  ↑
例えば、この「eazy step」というオンラインツールなら、グループ内での共有機能があるので、幹事さんが作った寄せ書き用マインドマップに対して、参加者がメッセージを書き込んでいくことができます。

ふだんからマインドマップなどのツールを使ってアイデアを共有するような間柄ならば、その延長として寄せ書きをマインドマップで作るのも良いと思います。ただ、寄せ書きだけのために使うのは、少々面倒かもしれません。

「マインドマップ web」や「マインドマップ web 共有」などで検索すると、web上で使えるマインドマップツールや、PCにインストールするタイプのマインドマップアプリを含め、web上でマインドマップを共有するための情報を検索できます。使いやすそうなサービスまたはアプリを見つけると良いでしょう。

webでメッセージアルバムを作成!

ここまでは寄せ書きの話でしたが、web上で写真やメッセージを集めて、寄せ書きアルバムを作るというサービスもあります。

OKUROUメルバム

この「OKUROUメルバム」で寄せ書きアルバムを作る手順は以下のとおりです。

1. 幹事さんがサービスに申し込む。
2. 専用サイトが作成され、URLとバスワードが幹事さんに送られてくる。
3. 寄せ書き参加者に、そのURLとパスワードを知らせ、写真とメッセージの送信をお願いする。
4. 参加者はそのURLにアクセスし、知らされたパスワードでログインする。
5. JPEG形式の写真、メッセージカードのデザイン、メッセージなどを入力する。
6. 集まった個々のメッセージは個々のカードに印刷され、アルバムにまとめて送付される。

メッセージカードの料金は1枚500円です。

参加者の数分だけメッセージカードが印刷され、1冊のアルバムにまとめられて、送付されます。人数x500円の料金がかかりますので、けっこう料金はかかりますね。

まとめ

なかなか集まれない人たちからメッセージや写真などを集めて、それを寄せ書きにできるような便利なサービスが、最近ではいろいろ出てきています。限定的には無料で済むものもあるので、これらのサービスを上手に使って、自分たちの気持ちを贈りたいものですね。

※色紙以外に寄せ書きをしたいなら・・・
「寄せ書き 色紙以外」で探そう。アイデア商品。

※結婚式の寄せ書きグッズなら・・・
結婚式の寄せ書きグッズ。ドールを新婦に!ボールを新郎に!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑