河津桜といちご狩り!江間そして河津桜までのアクセス

公開日: 

077-02
一足早い春を見に、河津桜まつりに行こう!

目で見る春もいいけど、味わう春もいいんじゃない?

ということで、河津桜まつりだけでなく、イチゴ狩りまでしちゃおう!

車で行くルートについてお話していきます。

スポンサーリンク

河津桜といちご狩り!

実は以下の「伊豆稲取の雛のつるし飾りまつり」の記事で、「ついでに河津桜まつりにも行っちゃおう!」ということを書いたんですが。。。
  ↓
伊豆稲取つるし雛製作体験!雛のつるし飾りと河津桜まつり

「河津桜まつり」のついでにイチゴ狩りにも行っちゃおう!というのが本記事の趣旨です。

2016年度の河津桜まつりは、以下の期間で開催されます。

2016年2月10日(水)~3月10日(木)

ちょうどイチゴ狩りの時期ですし、「伊豆稲取の雛のつるし飾りまつり」「河津桜まつり」「イチゴ狩り」をパックにしたバスツアーなども企画されています。

車なら一筆書きルートでまわれるので、車で両方(または3つ)を楽しむプランを考えてみましょう。

  ↑
※投稿されたのが5月なので、イチゴ狩りも終わりの頃に行ったんですね。

イチゴ狩りなら江間で!

伊豆でイチゴ狩りをするなら、江間が便利です。イチゴ狩りをできるところはいくつもありますが、最も大規模なのが、次に挙げる「江間いちご狩りセンター」です。

江間いちご狩りセンター

場所:伊豆中央道・江間インターチェンジの横
期間:2015年12月15日(火)~2016年5月8日(日)
時間:9:00~16:00
料金:1400円~1600円(2015年河津桜まつり開催時期の場合)

東名高速・沼津I.C、または新東名高速・長泉I.Cから伊豆中央道に入ります。伊豆中央道はETCが使えないので、普通車200円を用意しておきましょう。

江間I.C横にある「江間いちご狩りセンター」は、静岡県内最大級のいちご狩りセンターです。ツアーにも組まれているため、大型バスが何台も停まれるような大きな駐車場があります。

スポンサーリンク

個人客ならば、予約は不要です。窓口で入場券を買ったら、先導車に案内されて車でハウスに向かいます。30分食べ放題です。

詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓
江間いちご狩りセンターHP

※2月下旬から3月中旬の土日は入場制限がかかることもあるようなので、混雑期は事前に確認・予約してから行くようにしてくださいね。

※上記Googleマップでも、周辺にイチゴ狩りができるところがいくつか出てきますね。他にイチゴ狩りできるところについては、「伊豆 いちご狩り」などで検索してみてください。

河津桜までのアクセス

河津桜まつり

江間から河津までは、伊豆半島を南下して東伊豆に出ます。途中、修善寺温泉があったり、浄蓮の滝、旧天城トンネル、河津七滝などいろいろな観光スポットがありますが、途中立ち寄らなければ1時間半ほどで着きます。(混雑期はもう少し時間の余裕をみてください。)

江間から伊豆中央道に入り、修善寺道路、国道414線を経由して河津に至るのが早いです。修善寺道路もETCが使えないので、普通車200円を用意しておきましょう。

さて、河津桜まつりの会場、と言うかお花見スポット周辺の詳細地図は、以下のリンク先のPDFをご覧ください。
  ↓
河津桜まつり詳細地図

駐車場は、土日には(混雑期には平日も)大変駐車しづらい状態になります。朝早い時間ならまだしも、寄り道した後ではなかなか空きを見つけるのは困難かもしれません。

上のリンク先PDFの地図で言うと、右端の方にある涅槃堂から左端の方にある河津駅まで約2.3km、徒歩40分の距離があります。街の中心部の駐車場は混むので、少し外れた場所の駐車場を回るのが良いかもしれません。歩く距離は長くなりますが。

伊豆稲取の雛のつるし飾りまつり

「伊豆稲取の雛のつるし飾りまつり」にも行きたい!という場合には、伊豆急行線・河津駅から2つ目の伊豆稲取で開催されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
  ↓
伊豆稲取つるし雛製作体験!雛のつるし飾りと河津桜まつり

この周辺は、宿泊場所には困らないと思います。使える時間の中で、宿泊場所やルートを組み立てていただければと思います。

まとめ

伊豆はいろいろな観光スポット、温泉、食べ物など、楽しみに満ち溢れています。今回ご紹介したルートを選択肢の一つとして、あなた好みのプランを立てていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑