GWは英語漬けで英語力アップ!洋書や映画、英語サークルを活用!

公開日: 

152-1
GW(ゴールデンウィーク)は久しぶりにまとまった時間が取れる時。

この機会に英語力をアップさせようと思っている人は、GW期間中、英語漬けの生活をしてみてはいかが?

あまりお金をかけずに、洋書や映画、英語サークルなどで英語に触れる方法についてお話します。

スポンサーリンク

GWは英語漬けで英語力アップ!

人によって違いはありますが、だいたい一週間前後のまとまった休みが取れるのがGWですよね。

中には家族サービスが忙しくて、逆にふだんより忙しくなる人もいるかもしれませんが、GWにふだんより自分の時間が取れる人は、この機会に英語漬けの生活をしてみてはいかがでしょう。

●英語学習は自分のレベルに合わせて

「GW英語漬け」は以下のような人におすすめします。

英語の基本は一通り押さえている

英語の基本がまだあやふやという人は、代わりに以下をご覧ください。
  ↓
GWは英語の集中勉強!基本文法とリスニング教材のおすすめ

「基本を押さえている」とは、英文法や基本構文などをザッと理解しており、簡単な英文なら読めるレベルです。もちろん、知らない英単語や英熟語はたくさんあるでしょうが、辞書を引きながらなら、だいたいの意味がつかめるというレベルです。

また、「リスニング」に関しては、少しリスニングの勉強をしたことがあり、ゆっくりで簡単な内容ならだいたい理解できるレベルです。

これらがあやふやな場合は、まずは基本を固めた方が良いかもしれません。

また、実際に多読や多聴をしてみて基本が足りないと思った場合は、方針を英語の基本習得に切り替えた方が良いかもしれません。

●英語漬けとは?

言葉の使い方は、人それぞれでしょうが、ここでの「英語漬け」とは、基本的に多読・多聴です。あるいは、たくさん話し、たくさん書くことです。

英語の基本学習と大きく異るところは、なるべく日本語を使わないとう点です。

英語の基本学習の場合は、英語の構造やルールを学ぶために、文法書を読んだりしますが、その時読んでいるのは、ほとんどは日本語です。

英語漬けの場合は、日本語で解説を読んでいるヒマがあったら、少しでも多くの英語を読んだほうが良い、というスタンスです。

まさに「英語漬け」なのです。

したがって、英語の基本ができていない人がこれをやろうとすると、時間がかかるわりに効果が少ないということになりかねません。

「この部分は復習が必要だな」と思う部分があったら、その時だけ学習モードを「英語漬け」モードから「基本学習」モードに切り替えるのもアリかもしれません。

ただし、基本的には、「英語漬け」では、こまかい部分が少しわからなくてもあまりこだわらず、本当にわからなくてイメージが湧かないような時だけ辞書や参考書で調べるようにしましょう。

そうでないと、辞書を引き引きでは大量の英語のインプットは難しいです。

英語の洋書や映画で作品に浸ろう!

インプットであるリーディングやリスニングを大量に行うのが英語漬けの基本です。

●洋書でリーディング

英語の新聞・雑誌を読んだり、インターネット上の英文を読んだりするのも良いですが、洋書を一冊読破する達成感をぜひ味わっていただきたいです。

【子供向けの本から始める場合】

自分の英語力に不安がある場合は、子供向けの本から始めるという手もあります。文も簡単だし、全体の文章量も少ないので、一冊を読破するのに大して時間がかかりません。

ただし、子供向けの薄い本でも、値段は結構するので、ある程度の量を読もうと思ったら、かなりの出費を覚悟する必要があります。

そこでおすすめは、どこにでもあるわけではありませんが、有料でこのような本を貸し出している所を利用することです。

例えば、こちら。 → 全国のブッククラブと多読教室

こちらは、SSS英語多読研究会の推薦する本を中心とした洋書を貸し出している「社会人ブッククラブ」です。学習塾のSEGが運営しています。

札幌、東京、横浜、千葉、大分にあります。

会員登録料500円で会員登録した後は、3ヶ月1万円前後で、たくさんの本を借りて読むことができます。

SEG社会人ブッククラブについては、こちらをご覧ください。 → SEG社会人ブッククラブのご案内

【自分の興味のある本から始める場合】

最初から分厚い本に挑戦するのは、無謀です。なるべく薄手の本から始めましょう。

かと言って、内容まで薄い本では、読破しても達成感がないので、とにかく興味のある本を選ぶことです。

おすすめは、映画化されていて、映画を見て大体の内容がわかっているものです。

私の一番のおすすめは「ハリーポッターと賢者の石」(ハリーポッターシリーズ第1弾)です。

原書のタイトルは英国版と米国版で異なります。

この作品の良い所は、ストーリーが引っ張っていってくれることです。好奇心に従って読み進めれば、道端に取り残されることなく、メインストリートを突っ走ってゴールまで連れて行ってくれます。そんな作品です。

とは言え、200ページほどある本ですし、子供向けとは言ってもそれほど簡単ではありません。特にファンタジー特有のふだん見慣れない単語が出てきたりします。

初めて洋書に挑戦する人は、半分以上想像で補いながら読む必要があるかもしれません。

ある程度の量のある本を読む場合は、単語がわからないからと言っていちいち辞書で調べていたら、数ページ読むのに一日かかってしまい、いつまで経っても終わりません。

わからない単語、わからないシチュエーションなどがあっても、「だいたいこんな感じだろう」と推測して、想像で補って、どんどん読み進める必要があります。潔癖主義の人には難しいかもしれませんし、すごくストレスがたまるかもしれませんが、それを乗り越えて読み進めると、本の読み方がつかめてきます。

ちなみに、私は映画を見るまで、ハーマイオニーの名前はハルミリオンだと思っていました。


スポンサーリンク

●ドラマでリスニング

「リスニングは映画で。。。あれ?ドラマ??」とか思っちゃいました?

はい。映画ではなく、ドラマがいいです。理由は。。。

映画は、例えば先ほどのハリーポッターにしても、本一冊を2~3時間の長さにまとめています。すると、本に出てくるエピソードが映画ではいくつも削られているんですね。映画によっては、「ちょっと予備知識ないと話がわからないよね」というものさえあります。

圧縮している分、会話に十分時間を取らず、その分、映像やエフェクトで表現する場合もあります。英語の学習には、関係ない部分が多いんですよね。

連続ドラマは、時間を十分使えるので、しっかりストーリーを描き込んでいったり、会話に時間を使ったりできます。時間も一話1時間とか30分とかで、手頃です。

ジャンルとしては、もちろん自分の興味のあるジャンルがいいですが、アクションやSFなどは、会話のない時間が長くなるかもしれません。コメディなど会話が多いものの方が学習には向いています。

で、私のおすすめは。。。定番ですが「フレンズ」です。

30分ほどのコメディなので手軽ですし、なにより面白いです。英語がわからなくても笑えます(?)。

もう20年ほど前のテレビドラマで、英語学習の題材としても有名なので、「フレンズ 英語」などで検索すると、いろいろな情報を集めることができます。ドラマ内で「ここ、何て言ってるんだろう?」というような疑問も解決できるかもしれません。

例えばこのブログなど。 → シットコムで笑え! 海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド

「フレンズ」はDVDも売っていますし、Huluなどでも視聴できます。

あまりドラマに興味がない人は、例えばスティーブ・ジョブズの講演やオバマ大統領の演説、NHKで放送しているスーパープレゼンテーション(TED)などなど、自分の興味に合わせて題材を探してみてください。

題材としては、手頃な長さで、一つのテーマを取り扱ったものが良いでしょう。

同じ題材をGW期間中、何度も何度も聴いてみましょう。

社会人向け英語サークルを東京周辺で探して行ってみよう!

インプットで英語漬けもいいけど、たまにはアウトプットもしたい。。。そんな人には、社会人向けの英語サークルをおすすめします。

「英語サークル ◯◯」のように地域名を入れて検索すれば、大きな都市ならば近所の英語サークルが出てくると思います。

大きなサークルから、ごく個人レベルのサークルまでいろいろありますので、いろいろ試してみると良いでしょう。

東京周辺の英語サークルを一つご紹介しておきます。
  ↓
東京英会話倶楽部

いろいろな場所で勉強会が開催されていますので、GWのような長期休暇には、もしかしたら、日時をずらして、いろいろな勉強会に顔を出せるかもしれませんね。

この東京英会話倶楽部は、教材費・入会金なし、一回の参加費500円で参加できます。また、初心者、初中級者、中上級者の3つのレベル分けされたテーブルで英会話を楽しめます。

このような英語サークルは、初めて顔を出すのにはちょっと勇気がいるかもしれませんが、やってみれば何ということもありません。

自己紹介くらい考えて言えるように準備しておくと、スムーズに入れるかもしれませんね。

まとめ

GWを英語漬けで過ごして英語力をアップするというテーマでお話してきました。

より「英語漬け」に近づけるためには、頭の中で考えることも英語で独り言で言ってみるとか、家族が話した言葉を頭の中で英語に変換してみるとか、工夫をすればいくらでも工夫ができます。

本当に英語が自分の中に浸透すると、夢に英語が出てきたり、ふと英語でしゃべっていたりと、英語がより身近なものになるはずですよ。

※ それとも、GWは修行体験してみます?
  ↓
ゴールデンウィークは修行体験!座禅・写経・滝行など。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑