運河クルーズを東京で楽しもう!(スカイツリー・品川など)

公開日: 

123-01
運河といえば小樽が有名ですね。最近は「小樽観光の新定番!」として運河クルーズを運行しています。

首都圏に暮らしているので、なかなか小樽までは行けませんが。。。

でも、運河なら東京にもたくさんありますね。ふだんは街の中から見ている運河。

たまには、運河の水の上から、東京の街を見てみませんか?

東京の運河クルーズ(スカイツリーや品川など)についてお話していきます。

スポンサーリンク

運河クルーズを東京で楽しもう!

●秋葉原・天王洲・羽田空港運河探検クルーズ

羽田空港ターミナルから羽田空港船着場まで送迎バスで移動。船は多摩川から東京の運河を経て、秋葉原の万世橋へ。

約2時間半の長いクルーズです。途中の品川(天王洲)で乗り降りするコースもあります。

コース1:羽田空港→秋葉原(万世橋)[船タイプA,B,C]
コース2:秋葉原(万世橋)→羽田空港[船タイプA,B,C]
コース3:羽田空港→品川(天王洲)[船タイプA]
コース4:品川(天王洲)→羽田空港[船タイプA]
コース5:秋葉原(万世橋)→品川(天王洲)[船タイプA]
コース6:品川(天王洲)→秋葉原(万世橋)[船タイプA]
コース7:品川(天王洲)→羽田空港[船タイプA,C]

料金:大人 2,000円~3,500円(コースにより異なる)

日程:2015年9月19日(土)~9月26日(土)

詳細:(株)ジールのホームページ

※このクルーズは販売終了しています。

●羽田~秋葉原間の舟運の実現を目指した社会実験

実は、上記のクルーズは、国土交通省を中心に構成される「秋葉原・天王洲・羽田空港舟運プロジェクト準備会」による社会実験の一環として実施されたものです。

この社会実験は、羽田空港から東京都心部への舟運の可能性を検証するための実験です。2015年9月19日(土)~9月26日(土)の8日間、羽田空港船着場と秋葉原・万世橋との間での試行運行の社会実験が行われました。

詳細は国土交通省のホームページをご覧ください。

好評だったため増便され、利用者のうち「また乗りたい」と答えた人が85%という結果が出ました。

2020年の東京オリンピックに向けて、東京での舟運の利用が加速されるものと推測されます。

上記のコースも、近いうちに定期コースとして提供されることになるかもしれません。

スカイツリーが見える運河クルーズ

現在(執筆時点)販売されているクルーズをご紹介していきましょう。

●日本橋発着 東京の運河めぐり探検クルーズ

このクルーズも(株)ジールというクルージングの会社から提供されています。

このプランは「乗合」なので、一人から参加することができます。

日本橋ののりばから乗船し、日本橋を通って隅田川に出ます。隅田川を少し上ったら、今度は小名木川という運河に入ります。

小名木川では、扇橋閘門(おうぎばしこうもん)という水門の通過体験ができます。

この扇橋閘門は、高低差のある川の運行を、水門の開け閉めにより水位を調節することで可能にしています。パナマ運河でも使用されている方法です。上手く簡単に説明することができないので、詳しくはコチラをご覧ください。

その後折り返して、帰りは若干違うルートを通りながら日本橋まで帰ってきます。

隅田川を上っているときは、正面にスカイツリーが見えるビューポイントとなります。

【運航時間】100分

【料金】大人 2,900円、子供 1,900円(税込。早期予約割引適用の場合)

【日時】
・2016年3月5日(土)12:30~14:10
・2016年3月19日(土)12:30~14:10
・2016年3月20日(日)13:30~15:10
※12月~2月は冬季運休です。上記以降の日程はジールのホームページをチェックしてください。

【詳細】
ジールのホームページ(コチラ)をご覧ください。


スポンサーリンク

品川運河クルーズ

品川区の天王洲にある天王洲ヤマツピアから、いろいろなクルーズ船や屋形船が出ています。

ただし、運河クルーズで調べていても、貸切(チャーター)のものが多いです。

たとえば、こちらの品川かわ舟

・隅田川「日本橋川・神田川・スカイツリーコース」→御茶ノ水駅の方まで行きます。

・小名木川「小名木川・スカイツリーコース」→先ほどのジールのクルーズと同じようなコースです。

なかなか面白そうなコースですが、人数をそろえて借りなければなりません。

※個人で利用したい場合には「乗合」の船を利用する必要があります。

品川は関係ないですが、神田川の方に行く、1名から利用できるクルーズがありました。
  ↓
90分 日本橋・神田川ぐるり1週コース

【料金】大人 2,500円、小学生 1,500円

【乗船場所】日本橋船着場

【詳細】日本橋クルーズのホームページ

こちらにも神田川に行く船がありました。
  ↓
カワセミ日本橋川・神田川めぐり

こちらは水上バスなので、1名から乗れます。

ほかにもいろいろなコースがあるので、少人数での利用の場合にはおすすめです。

まとめ

これまでクルーズや屋形船というと、団体での利用が多かったように思います。そのためか、まだまだ貸切の船が多いようです。

ただ、これから舟運の利用が高まってくると、水上バスのように、1名から乗れる船が多く運航するようになるのではないかと期待しています。

探してみると、乗合の船も出ていますので、船を使って運河の上から観光してみてはいかがでしょうか。

※こういうクルーズもありますね。
  ↓
目黒川の夜桜クルーズに行こう!ツアーにする?貸切にする?

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑