ホワイトデーはカタログギフトでお菓子・スイーツを贈る!?

公開日: 

118-01
ホワイトデーのプレゼント。彼女からスイーツをもらったなら、やはりスイーツでお返ししたいですね。

でも、どんなスイーツなら喜んでくれるんだろう?悩みますよね。

そこで、カタログギフトでスイーツを贈るのはアリかどうか、考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホワイトデーにカタログギフトってアリ?

●誰に贈るか?

カタログギフトで贈るかどうか決めるのに、一番重要なのは贈る相手が誰かだと思います。

まず、やめておいた方が良いのは、まだあまり親しくなっていない相手です。

「義理」で贈る場合は特に、以下の理由でやめておいた方が良いです。

・相手に「事務的」「形式的」な印象を持たせてしまう恐れがある。
・相手が贈り物の大体の値段を予想できてしまう。
・義理にしては高くついてしまう可能性が高い。

また、付き合って間もない(または、まだ付き合っていない将来の?)彼女に贈るのも、以下の理由で避けた方が良いと思います。

・相手に「事務的」「形式的」な印象を持たせてしまう恐れがある。
・相手は自分のために選んでくれたり、手間をかけてくれることを期待している。
・通常、相手は一般的なプレゼント+アルファを求めている。

「特別なプラスアルファ」は、一般的なプレゼントにプラスアルファした方が無難です。あまり相手が予期していないような方法で贈ると、「きょとん」「ぽか~ん」「あれれ?」となってしまいます。

というわけで、カタログギフトで贈るなら、自分のことを良く知っていて、自分を理解してくれる相手にしておくことです。

いつもちょっと変わったことをやりたがるあなたなら、相手も「あ、また変わったことを。。。」と受け止めてくれるでしょう。

いつもあまり変わったことをやらないあなたなら、やり方次第では、「あ、今年はいろいろ考えてプレゼントをくれたんだな」と、あなたの努力を買ってくれるでしょう。

●何を贈るか?

こちらの記事でも、カタログギフト・体験(カタログ)ギフトの贈り物について書いていますので、参考にしてください。
  ↓
ホワイトデーは体験ギフトを妻に贈ろう!2人で楽しもう!

ある程度相手のことを良く知っている仲ならば、総合カタログよりも、相手が喜ぶジャンルのカタログを選んで、ギフトを贈るのが良いと思います。

本記事でのおすすめは、スイーツのカタログギフトです。

●どうやって贈るか?

贈り方も大切です。前にも書いたように、カタログギフトをもらったとき、相手は「事務的」「形式的」に感じてしまったり、「自分のために選んだり手間をかけたりという努力をしてくれていない」という印象を持ってしまう恐れがあります。

そこで、これらを払拭するような渡し方が重要です。

以下の2つをわかってもらうように話すと良いでしょう。

1. 魅力的な商品があること

まずは、どんな商品があるか、自分が良く調べてカタログを選ぶことです。例えばスイーツなら、どんな美味しそうなスイーツがあるのか、どのスイーツなら相手が喜んでくれるか、想像しながら、カタログを選ぶことです。

相手に渡すときには、「僕のおすすめは◯◯のケーキだね」なんて感じで、自分のおすすめをいくつか披露すると良いでしょう。

2. 選ぶ楽しみがあること

カタログギフトの楽しさは、商品を選ぶときにもあります。どれがいいか選んでいる時が、実は一番楽しかったりします。

自分のおすすめを披露しながら、彼女と一緒に商品を選ぶというのも良いかもしれませんね。

ホワイトデーのギフトはお菓子にしよう!

ホワイトデーのギフトとして、初めてカタログギフトを贈る場合のおすすめは、お菓子・スイーツのカタログギフトです。

おすすめする理由は、ホワイトデーのギフト習慣から大きくずれないからです。

バレンタインデーに彼女からチョコをもらって、ホワイトデーにお菓子でお返しする(ダジャレ?)のが基本だと思います。

そこで、今年はお菓子だけれども、カタログギフトという形で贈る。そうすれば、来年は、体験ギフトも含めた別のカタログギフトを贈るというように、選択肢が広がっていくことでしょう。

こちらは、引き出物の総合カタログギフトですが。。。
  ↓


スポンサーリンク

カタログギフトでスイーツを贈ろう!

では、カタログギフトでスイーツを贈ることにしましょう。

ザッと、どんな感じか見てみましょう。→「カタログギフト スイーツ」画像検索

画像検索を使って探すと、探しやすいのでおすすめですよ。

すいーともぐもぐ」のカタログギフトが人気があるようですね。いろんなオンラインストアで扱っています。

カタログは、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円の4週類と、そのそれぞれにプチプレゼントを付けた3,195円、4,195円、5,195円、6,195円のさらに4種類、計8種類がありますね。

洋菓子と和菓子の両方から選べます。パッと見たところでは、4,000円の「アコーディオン」が美味しそうに見えました。(ホールケーキが多かったからかな?)

ベルメゾンオリジナル スイーツカタログギフト」は、1万円超の高級コースもあって、美味しそう。。。と思っていたら、「販売終了」と書いてありました。復活するかどうかは不明です。

お、これは美味しそう。。。「選べるギフト・ココ【神戸スイーツ】

なんか本格的な感じですね。自分で自分にカタログを贈りたくなってきました。。。

まとめ

ホワイトデーのプレゼントもカタログギフトでスイーツを贈る。。。そんな選択肢もあります。

いろんな選択肢の中から、あなたとお相手に合ったギフトを探してくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑